新NISA 投資信託の選び方 資産を増やす目的や期間も踏まえて自分なりの活用法を!!!!!!

query_builder 2024/01/28
ブログ
465768097547026533


新NISA(少額投資非課税制度)は、日本の投資家にとって魅力的な手段として注目されています。これには、主にインデックス運用とアクティブ運用の二つの主要なアプローチがあります。ここでは、新NISAを活用する上でのこれらのアプローチに焦点を当て、それぞれの特長や選択のポイントについて探ってみましょう。

まず、インデックス運用は市場全体を代表する指数(インデックス)に連動する形で資産を運用する手法です。例えば、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などが代表的な指数です。新NISAでは、特定の上場投資信託(ETFなど)を通じて、これらの指数に連動する形で資産を分散運用できます。

このアプローチのメリットは、運用コストが比較的低いことや、市場全体の動向に連動するため、市場全体の成績に追従できる点です。また、短期的な個別銘柄の変動に左右されにくく、積立投資などを通じて長期的に資産を積み立てることが期待されます。

一方で、アクティブ運用は、ファンドマネージャーや運用チームが市場の動向を分析し、銘柄の選定や取引を積極的に行うスタイルです。アクティブ運用のファンドは、特定の投資テーマや運用方針に基づいて主動的なポートフォリオ調整を行います。これにより、市場の変動に対して積極的に対応し、アルファ(市場平均を上回る収益)を生み出すことが期待されます。

アクティブ運用のメリットは、市場を超えて収益を最大化する機会があることや、ファンドマネージャーの専門知識を活かしてリスクヘッジを行える点です。ただし、その分コストが高いことや、ファンドの運用成績が市場平均を下回る可能性もあるため、注意が必要です。

新NISAを利用する際、どちらのアプローチが適しているかは個々の投資家のリスク許容度や目標に依存します。インデックス運用は手軽で安定したリターンが期待できますが、アクティブ運用はリスクとリターンのバランスを重視し、市場変動に対して柔軟に対応したい方に向いています。

IFA(Independent Financial Adviser)のアドバイスも重要です。投資家自身のライフステージや目標、リスク許容度に合わせて最適なプランを構築するためには、専門的なアドバイスが役立ちます。IFAは投資家のニーズを理解し、適切な資産運用戦略を提案することで、新NISAを有効に活用するサポートを行います。

総じて言えることは、新NISAはインデックス運用とアクティブ運用の両方を組み合わせて利用することで、リスク分散やリタイアメントプランの効果的な構築が可能となります。これからの不確実な経済環境において、バランスの取れたポートフォリオを構築するために、新NISAの魅力とアプローチの選択肢を検討することが重要です。


記事検索

NEW

  • 資産づくりの第一歩にNISA!!!!!!!

    query_builder 2024/04/01
  • 変額保険・新NISA・iDeCo 違いを確認しましょう!!!!!

    query_builder 2024/02/23
  • 新NISA 投資信託の選び方 資産を増やす目的や期間も踏まえて自分なりの活用法を!!!!!!

    query_builder 2024/01/28
  • iDeCoと新NISAについて!!!!!

    query_builder 2024/01/13
  • 2024.01.01よりIFA(金融商品仲介業)スタート致します!!!!!! 新NISAで資産形成のお手伝い!!!

    query_builder 2023/12/31

CATEGORY

ARCHIVE