変額保険・新NISA・iDeCo 違いを確認しましょう!!!!!

query_builder 2024/02/23
ブログ
465768097547026533

変額保険、新NISA(少額投資非課税制度)、そしてiDeCo(個人型確定拠出年金)は、それぞれ異なる金融商品や制度であり、個人の資産形成や将来のライフプランに影響を与える要素です。それぞれの特性や大きな違いについて、詳しく探ってみましょう。

変額保険:

変額保険は、保険と投資を組み合わせた金融商品です。保険料の一部が死亡保険や終身保険として使われ、残りの部分が投資先に積み立てられます。保険料の支払いは柔軟であり、死亡時には一定の保険金が支払われます。また、投資先の選択肢や運用方針は保険会社によって異なります。

新NISA:

新NISAは、少額投資非課税制度の略称であり、日本政府が導入した制度です。特定の金融商品(株式や投資信託など)に対して一定額までの投資益が非課税となります。将来の資産形成やリタイアメントプランに利用されます。運用先や運用方針は個々の投資家に委ねられます。

iDeCo:

iDeCoは、個人型確定拠出年金の略称であり、企業勤務者や自営業者が自らの年金を積み立てるための制度です。積立金は確定拠出年金口座に積み立てられ、年金受給開始時に一括受取や年金受給という形で利用されます。運用先や運用方針は個々の選択肢によって異なります。

これらの金融商品や制度の大きな違いはいくつかあります。

1. 商品の性質:

  • 変額保険は、保険と投資を組み合わせた複合商品であり、死亡保障や投資益を提供します。
  • 新NISAは、少額投資を非課税とする制度であり、主に投資益を目的としています。
  • iDeCoは、個人の年金を積み立てるための制度であり、将来の年金受給を目指します。

2. 収益とリスク:

  • 変額保険は、保険料の一部が投資先に積み立てられるため、投資の収益と保険のリスクが組み合わさります。
  • 新NISAとiDeCoは、投資による収益を主な目的としていますが、リスクは投資先や運用方針によって異なります。

3. 税制:

  • 変額保険の運用益は一部非課税となりますが、一方で保険料や死亡保障部分には税金がかかる場合があります。
  • 新NISAは、投資益が非課税となります。
  • iDeCoは、積み立てや受給時の所得控除など税制優遇があります。

4. 運用方針の自由度:

  • 変額保険は、保険会社によって運用方針が決められます。
  • 新NISAとiDeCoは、個々の投資家が自ら運用先や運用方針を選択することができます。

これらの違いを踏まえて、個々のニーズや目的に応じて適切な選択をすることが重要です。変額保険は保険と投資を組み合わせた総合的な商品であり、新NISAとiDeCoは主に投資を目的としています。自身のライフスタイルや将来の計画に合わせて、適切な商品や制度を選択し、資産形成やリタイアメントプランを構築していきましょう。

記事検索

NEW

  • 資産づくりの第一歩にNISA!!!!!!!

    query_builder 2024/04/01
  • 変額保険・新NISA・iDeCo 違いを確認しましょう!!!!!

    query_builder 2024/02/23
  • 新NISA 投資信託の選び方 資産を増やす目的や期間も踏まえて自分なりの活用法を!!!!!!

    query_builder 2024/01/28
  • iDeCoと新NISAについて!!!!!

    query_builder 2024/01/13
  • 2024.01.01よりIFA(金融商品仲介業)スタート致します!!!!!! 新NISAで資産形成のお手伝い!!!

    query_builder 2023/12/31

CATEGORY

ARCHIVE